一緒に往診医療を広げていきませんか

ペットの高齢化に伴う介護問題や、移動手段がなかったり、通院だと他のワンちゃんや猫ちゃんが苦手だったりするペットもいたり、飼い主のライフスタイルの多様化で、在宅医療や往診医療のニーズが高まっていきます。往診アニドックでは「診療=技術ではなく、診療=サービス」という言葉から想像される概念そのものを変えていけるような人財育成を追及し続けます。そして、ペットと人の健康づくりに関わる、あらゆるサービス分野において、動物医療×ITをモットーにお客様に感動を与える人財を創出していきたいと思っております。

女性獣医師の活躍の場を広げたい

子育て中などでフルタイムで働けない獣医師に適した働き方が往診医療というかたちです。働く+子育て(家庭)の両立をしたいと考えている女性獣医師の方、ぜひご検討ください。

パートナー加盟の流れ 

開業サポート

anidoc system

アニドックシステムとは?
anidoc systemは往診の事業運営に必要なシステムの総称を言います。anidoc systemは電子カルテ、会計システム、発注・在庫管理、顧客管理、売上管理等を統合した動物病院向け統合型業務支援クラウドシステムです。動物病院で日常的に使用するあらゆる業務を効率化し、スムーズな往診運営が可能となっております。


動物病院・往診先での利用はもちろん、自宅のPCのブラウザやスマホなどでも情報の確認ができ、日本全国での往診事業も行えます。動物病院と往診を並行利用されているユーザーさんにもカルテ情報が共有されていますので、安心して医療を受けることができます。

CS(顧客満足)は動物病院経営を安定させる上で非常に重要なポイントです。
anidoc systemではCTI機能や診療記録・EC購入記録などから、顧客の過去の履歴情報を参照ながら応対やアドバイスをすることができます。
また、SNS機能やanidas機能により、より身近に顧客に情報発信をすることができ、新規来院につなげます。
anidasとは登録したペットに関する気になることを手軽に調べたり獣医師に相談できるサービスです。過去に質問された内容から検索できるので、自分のペットの状況に合った情報を探せます。

また、anidoc systemでは経営情報の把握も簡単です。日常の業務が常に入力されるため、リアルタイムな経営情報が見えてきます。また、anidocネットワークの他の病院との比較などから業務の改善点が可視化されます。POS機能や月次PL、データ分析、マーケティング、ロイヤリティ計算などの機能も搭載しています。